ミャンマーのヤンゴン国際空港から市内への移動はタクシーがメジャーですが、少し歩けばバスでお得に移動できます。タクシーだと8000チャットほどかかりますが、バスなら一律300チャットです。SIMを空港で買ってしまえば、道に迷うことも無いのでおすすめです。

とりあえず空港から外へ

空港で入国審査等を通過すると到着ロビーに出てきます。ロビーといってもそこまで広くなく、すぐ左手に外につながる出口があります。そのあたりでタクシーに勧誘されますが、気にせずに外に出ましょう。

空港を出てバス乗り場へ

外に出たら正面に見える大きな道路を右に進んでいきましょう。Sel Maing Kone(セーマイ)というバス乗り場を目指します。何もなくて暗いですが、道なりに道路の右側を歩いていけば大丈夫です。ルートは地図でみるとこんな感じです。

15分ほど歩くと直進と右手の二股に別れる大きな交差点があるので、ここを右に進みます。曲がるとバーやレストランが何軒か見えてきます。ここまでくればバス乗り場まではあと数分です。

右手に屋外マーケットや食堂が見えてきたらセーマイ到着です。市内行きのバスは道路を渡って反対側なので、気をつけて道路を渡りましょう。

夜のSel Maing Kone 夜のSel Maing Koneはこんな感じです。

37番バスに乗り市街地へ

スーレーパゴダやジャンクション・シティなどの市内中心部へ向かう場合は37番バスに乗ります。35番辺りの他のバスでも行けたりしますが、37番の本数は多いので素直に待つと良いです。

バスは黄色で、前にはアラビア数字でも37と記載がありました。不安であれば「スーレー?」と聞くと良いです。料金は300チャットで前払いです。運転席横にある箱に300チャット入れましょう。あとは40分ほどで市内に到着です。

私が乗った時はジャンクション・シティあたりで渋滞に巻き込まれたので、そこでバスを降りました。スーレーパゴダまでも歩ける距離なので、渋滞したらさくっと見切りをつけると良いです。なお、降車時はブザーを鳴らさないと後部ドアを開けてもらえないのでご注意を。