ラオスのビエンチャンからタイのバンコクへの夜行バスでの移動方法をまとめました(2015年9月)。

夜行列車での移動方法はこちら

バスのチケットをビエンチャン

バンコク行きの夜行バスはモーニングマーケット隣のバスターミナルから18:00に出ていて、その横にある仮設の小屋がチケット売り場になります。 バスの料金は1000バーツですが、近々値上がりしそうな気配がありました。

ラオスとタイ国境での手続き

ビエンチャンでバスに乗ると車掌が5バーツを回収にきます。これは国境の通過手数料とのことです。 ラオス国境では一旦バスを降りて出国手続きをします。またカード式の通過料を払い、ゲートを出ると同じバスがいるので乗り込みます。 タイ国境でもバスを降ります。この時は預けた荷物も全部もっていきます。入国後はまた同じバスに乗り込みます

バスについて

バスは2階建で狭いですがトイレはついていました。シートは1-2の3列で、フルフラットまではいかないですが、かなり倒せるので快適です。 ブランケットは配られるのですが、それでもそこそこ寒いです。乗車時には軽食(ケーキ)とジュース、水なども配られました。

またチケットには食事券がついており、サービスエリアで使えます。 と言っても、サービスエリアでの食事休憩は20分でゆっくりしているとトイレもいけなくなるので要注意です。

バンコク到着後

バスはMo Chitのバスターミナルに到着します。BTSの駅まではちょっと遠いので、バイクタクシーかバスで移動することになります。バイクタクシーであれば50〜60バーツです。

路線バスは、バスターミナル内のセブンイレブンの方に歩いていくと乗り場があります。それぞれのバスの前に路線図があるので、それを見てバスに乗り込みましょう。

関連情報