バンコクで観光ビザを30日間延長してきたので、その方法と必要書類等をまとめました。 延長手続きはドンムアン空港近くのイミグレーションで半日ほどで完了します

ビザの延長について

観光ビザで入国後に、イミグレーションで一度だけ30日間の滞在が延長できます。 1900Bかかりますが、移動の手間を考えると他の方法よりも割安ではと思います。 30日の延長は現時点の滞在期限からの延長なので、早めに行っても大丈夫です。

行く前に準備しておくもの

  • 1900バーツ
  • パスポート
  • 滞在先の住所

大抵のものは現地で手に入るので、準備は不要です。

イミグレーション・オフィスまでの行き方

  1. BTSのモーチット駅まで行く
  2. モーチット駅の3番出口近くから出る52番のバスにのる(念のためイミグレーション?と聞くとYes!と答えてくれます)
  3. イミグレーションがある政府合同庁舎の前でバスを降りる
  4. 合同庁舎の敷地は広いのでバイクタクシーでイミグレーションまで行く(20B)(無料のシャトルバスもある模様です)

申請前にイミグレーション・オフィスで準備するもの

  • パスポートのコピー(1枚2Bほど)
  • 写真1枚(4cm×6cm)

ともに地下1Fにあります。建物が大きく不安になりますが奥に行くとコピー屋がいくつか並んでいます。 パスポートのコピーは必要なページをちゃんとコピーしてくれるはずです。 今回は顔写真のページ、タイ入国スタンプのページ、観光ビザのページのコピーが必要でした。

申請手順

申請は部屋がいくつかにわかれていますが、順番に進んでいくと無事に申請・パスポートの受取が完了していきます。

1. 申請書類の取得と記入

最初の部屋では書類の取得と記入です。のりは置いてあるので写真の貼り付けも安心です。

2. 申請書類を見せて番号札の受取

記入が完了したら書類一式を持って次の部屋のカウンターに行きます。 そこでは書類を見せて番号札を受け取ります。 番号札受け取り後は、左右の奥にある待合いスペースで自分の番号を待ちます(どちらになるかは、多分ビザの種類によります。観光ビザは右側でした)。

3. 番号が呼ばれたら書類とパスポートを提出

番号は放送と電光掲示板があるので安心です。呼ばれたら銀行の窓口のようなブースに行き書類を提出します。 記入内容をその場でチェックしてくれて、ミスはその場で直してくれます。 提出したら、後で番号呼ぶから同じ所で待っててと言われます。ちなみに支払いもこの時です。

4. 再度番号が呼ばれパスポートの返却

30-40分ほどすると番号が再度呼ばれて、同じくカウンターでパスポートの返却です。スタンプが無事に押されていたら、延長は完了です。

イミグレーション・オフィスの営業時間やお店

  • 営業時間は月~金の8:30-12:00と13:00-16:30です
  • 正確な場所はこちら
  • 地下にはコンビニ、カフェ、フードコート、レストランなどなんでもあります

イミグレーション・オフィスからの帰りかた

今回はオフィスの建物の違うサイドから出ているバスに乗りました。終点がVictory Monument近くだったので、乗り継ぎも楽です。

関連記事