バンコクからラオスのビエンチャンへの移動方法は、夜行列車・飛行機・バスなどがあります。今回は夜行列車での移動方法をまとめました(2015年9月)。

夜行バスでの移動方法はこちら

夜行列車でノーンカイ(Nong Khai)駅まで行く

夜行列車はフアランポーン駅から出ています。 夜行列車は1日3便ありますが、前日でもけっこう埋まっているため早めの予約がおすすめです。 チケットの予約はフアランポーン駅で可能で、運賃は700バーツ前後でした。

また、寝台車は想像以上に寒いので防寒対策は必須です。エアコン寝台であれば下の席のほうが寒さがマイルドなので、空いていれば下を確保しましょう。

ノーンカイ駅からラオスに入国する

ノーンカイは終点なので寝過ごす心配はありません。 駅を出ると国境までのタクシーなどの客引きが多いですが、駅から国境までは15分弱なので歩いてもすぐにつきます。

国境ではまずタイの出国手続きをします。手続きが終わると、国境にかかる橋をこえるバスがいるので乗り込みます(20バーツ)。

バスを降りるとラオスの入国審査です。日本人はビザは不要なので入国カードだけ記入します。 ただ、別途手数料がかかるのでカード式の通行券を購入します。 通行券の価格は8AM以降は5バーツ、早朝・深夜・土日は50バーツとなります。 ちなみに入国審査は目立たない一番左のカウンターが空いているのでおすすめです。

ラオス入国~タイ領事館

ラオスに入国すると客引きがくるのでThai Visaと伝えるとタイ領事館へと連れて行ってくれます。 料金は貸し切りなら250-300B、乗り合いだと100B/personくらいです。 30〜40分ほどで到着します。ヴィエンチャンの街中に行く場合も、だいたい同じくらいで到着します。

関連情報